なぜ妊娠中と産後美容サイトを始めたのか?

サイトにお越しいただき、ありがとうございます!

まずはご挨拶をかねて、このサイトを作った経緯や目的についてお話ししようと思います。

妊娠中産後の美容に執着した理由とは?

私が妊娠中や産後の美容に関して調べ上げた理由は、友人の離婚がきっかけでした。

友人は、見た目も本当にかわいく、妊娠中もたくさんの男性に声をかけられる程モテていました。

もちろん旦那さんもそんな彼女にぞっこんでした。

そして、無事に女の子を出産して幸せいっぱいの毎日を送っているようでした。

出産して1年が経とうとしたころに友人に会うと、娘ちゃんはすっかり大きくなり本当に可愛かったです。

それに加えて相変わらずキレイな友人を見ると、「旦那さんは嫁にも娘ちゃんにもメロメロなんだろうなぁ」と思っていタンポポ矢先に友人から驚きの発言がありました!

友人 : 実は報告があって。
わたし: どうしたの?(2人目か?)

友人 : 実は離婚したんだぁ。。。
わたし: え?

友人 : 出産後3ヶ月で別居してた。
わたし: エェェエエ!?

ずっと幸せに過ごしていると思っていたので本当にショックでした。

理由は旦那さんの浮気

妊娠中に奥さんが相手をしてくれなくて浮気をするケースはよく聞きますが、彼女の場合はそうでもなかったようです。

拒むことはしていないのに、旦那さんがあまり誘ってこなくなったと言っていました。

ただ、「妊娠中の身体をいたわってくれてるんだろうなぁ。」と嬉しい気持ちで深く考えなかったようです。

しかし、旦那さんは浮気が発覚した時に彼女に対してこう言いました。

妊娠中にお腹にできた線が気持ち悪い!女として見れないからどうにかしてくれ!」と。

このお腹にできた線とは妊娠線と呼ばれるものです。

旦那さんが初めて彼女の妊娠線を見た時には「こんなになるまでありがとう! 頑張っている証だね!」と笑顔で言ってくれたそうです。

彼女も妊娠線のできた体を鏡で見るのが辛かったようですが、旦那さんの言葉を聞いて「これは頑張った証!」と自分に言い聞かせて、それ以降は妊娠線について深く考えなかったと話していました。

あれだけ優しかった旦那さんの本心にショックを受けたことと、旦那さんも彼女を女性としては見れなくなりその後も浮気をやめれなかったこともあり、産後3ヶ月で別居をし離婚にまで至りました。

この話を聞いたとき、私のお腹の中には一人目の赤ちゃんがいました。

妊娠中はあまり美容に関しては意識がいかず、産んでから考えようと思っていましたが、身近でこういうことが起きると他人事とは思えず、まっさきに妊娠線予防から取りかかりました。

あなたのキレイと幸せのお手伝い

妊娠中や産後には「妊娠線や正中線、髪の毛が抜けたり、肌が荒れたり」と実際におこるとショックをうけることがたくさんあります。

子供を産むということは、大好きな人と幸せな家庭を築ける大変すばらしいことです。

ただ、嫁の立場である私たちや、旦那さんからしても現実はそんなにキレイなことばかりではありません。

妊娠中はホルモンバランスが乱れ、情緒不安定になりやすいため、イライラして夫婦喧嘩が増えたり、急に落ち込んで涙もろくなったりもします。

旦那さんも父親になろうという思いから、頭ではわかっていても、情緒不安定に加えキレイじゃなくなる嫁の姿を見ると気持ちがついてこれなくなってしまうのです。

幸せになるはずの出産が、妊娠中と産後の美容のケア1つで最悪不幸のどん底にまで転落する恐れがあることを実際に見てきました。

「妊娠中や産後は美容どころじゃない!」と私も言いたいところですが、男性陣は言葉とは裏腹にしっかりと見ています。

このサイトは旦那様があなたをいつまでも女性として意識し、産後も変わらず異性として愛され続けるお手伝いをします。

そして赤ちゃんが生まれたことに心から喜びを感じて欲しい。夢に描いた幸せな生活を送って欲しいと思っています。

面倒な美容法とかではないので、是非ご覧になってみてください。

女性であるからには、いつまでも愛され続けたいですよね。

あなたのお役にたてる情報がきっとあります。

投稿日:2017年5月9日 更新日:

執筆者: